2012年06月12日

キツネの嫁入りのこと 

 

キツネの嫁入りを初めて見たのは2010年のことでした。

その時はドラム無しで3人だけのシンプルな編成だったのですが、ほんとに素晴らしい演奏だった。全部の楽器が打楽器っぽくなったり、メロディーが前にでててきたり、複雑なのになんかシンプルな感じもするし、一体なんじゃこりゃと思うと同時に、とにかくグッときたのでした。
ボーカルの黒ずくめの人は、話してみるととても気さくな人で、「まあまあ、じゃあまた京都で待ってますわー」と再び京都で会う約束をして、その時は別れました。

初めて一緒になったのはその年の夏、京都アバンギルドで。一応僕のレコ発ツアーということで、2日間フジワラ君やマリアハト、麓君、ゆーきゃんさん、りっきーさんなどたくさんの人たちが出て、それはもう素晴らしいイベントでした。
その時我々全員を家に泊めてくれたのが、誰であろうキツネの嫁入りのマドナシ&ひーちゃん夫妻です。「俺はこんなもんじゃないが全員泊まれたから大丈夫」その力強い一言に甘えてしまいましたが、それはそれは大変だったと思います。大変だったと思いますというか、その後何度もお世話になることになり、おそらくこれからもお世話になると思うので、申し訳なさとありがたさでいっぱいです。

京都からの帰りの車で、キツネの嫁入りの1stアルバムをみんなで聴いてたのですが、滋賀かどこかで夜景と坂道と疲れと音楽がドッと押し寄せてくる瞬間があって、そのことをとてもよく覚えています。
東京に戻ってからもアルバムをよく聴いて、その後ライブも色んな場所で見ましたが、毎回なんというか胸がざわつくというか、映画見てるような気分になるというか、グッとくるのは変わりません。

何がいいたいのかというと、ほんとにいいバンドです。キツネの嫁入りは。僕が言うまでもないことですが。
そんな彼らのライブを観たいなあと思っていたら、なんと!
今週末!キツネの嫁入りが東京にやって来ます。
なんという偶然。

東京でキツネが見れる上に素晴らしい出演者。
ちゃっかり我々もバンドで出ます(必見です)。
またとないチャンス。
みなさま、是非お越し下さい。

●6月17日(日)渋谷O-nest
キツネの嫁入りレコ発 東京編!!
18:00 open/18:30 start
adv¥2,500(+1drink)
door¥3,000(+1drink)
キツネの嫁入り
石橋英子+ジム・オルーク+須藤俊明
oonoyuuki(バンド)
うつくしきひかり
Pコード【170-531】
Lコード【77980】

私の方でも予約受け付けてますのでお気軽にどうぞ
ilya414(at)yahoo.co.jp







posted by oono at 03:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。